寝起きの口臭はどうしてあんなに臭う?

寝起きの口臭はどうしてあんなに臭ってしまうの?
と疑問に思ったことはないでしょうか。

寝る前にしっかり歯みがきをしたはずなのに、
寝起きの口臭がきついとお悩みの方もいらっしゃるかも知れませんね。

寝起きの口臭が昼間よりも強くなってしまうのは、
どうしても睡眠中には口呼吸になってしまう人が多いので
口の中が乾燥して、睡眠中の唾液分泌が抑制されているからです。

唾液には、優れた殺菌作用があるのですが、
睡眠中に、唾液量が少なくなると、
口の中の細菌がどんどん増えていき、
そのために口臭が強くなってしまうのです。

起きてすぐの口の中は、
細菌がいっぱいで、ネバネバとしていますね。

このままの状態だと口臭がきつくなるだけでなく、
虫歯、歯周病も進行するので、
寝起きにはすぐに歯みがきをして口をすすぐようにしましょう。

また、喫煙やアルコールの摂取量が多い人や、
ストレスの多い生活をしている人は
特に寝起きの口臭が強くなってしまうようです。

朝から気分良く出勤、お出かけするためにも、
エチケットケアのサプリメントなどを利用するのがおすすめです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*